アセロラ

おもな効能
  • メラニンの生成を抑制する美肌効果
  • 抗酸化作用による老化防止
  • 免疫力を高める
  • 抗ストレス
  • 鉄分の吸収を促進する
  • 抗がん作用
説明

アセロラはカリブ諸島に群生している植物で2~3cm程の赤い果実がなります。成熟した果実にはビタミンCとポリフェノールが豊富に含まれています。アセロラの健康に対する効能のほとんどは豊富なビタミンCとポリフェノールによるものです。

ビタミンCには紫外線による酸化反応で生成されるメラニンを還元して抑制する働きがあります。アセロラのポリフェノールがメラニンの生成に必要なチロシナーゼの働きを阻害します。

アセロラのポリフェノールに特に多いのがフラボノイドの一種であるアントシアニンです。アントシアニンは抗酸化作用が強くシミ、ソバカス、シワの原因である活性酸素を消去する働きの他に、動脈硬化や血栓などの予防にも効果があり、抗がん作用もあるとされています。

ポリフェノールとビタミンCの両方の抗酸化作用は、相乗効果によってより強い作用を発揮します。

摂取方法

ビタミンCは水溶性で体外に排出されやすいので、まとめて摂取するのではなく、こまめに摂取することが大切です。

副作用

特に問題になることはありません。

注意

アセロラはビタミンCを多量に含みますが酸味が強いので、一部の健康食品では糖分を加えているものもあります。糖分の摂りすぎにならないように摂取する注意も必要です。