青汁

おもな効能
  • 生活習慣病の予防、改善
  • 免疫賦活作用
  • 便通の改善
説明

青汁はキャベツやブロッコリーの原種であるケールを原料とした飲料で、抗酸化作用や抗がん作用を持つフィトケミカルを含んでいるとされています。生活習慣病の予防や症状の改善に効果があり、白血球の一種で免疫担当細胞であるNK細胞の活性の上昇、血液中のイオンターロイキン2の増加などの免疫賦活作用があるとされています。また、豊富に含まれる食物繊維は腸内環境を整え便通の改善などにも効果があります。

ケールを原料とする青汁は味にクセがあり飲みにくいため、味を改善して飲みやすくした青汁も販売されています。また最近では大麦若葉、モロヘイヤ、明日葉、ゴーヤー、桑の葉などを原料とした製品や粉末、冷凍青汁、ジェルタイプ、タブレットさらにはヒアルロン酸やコラーゲンが配合されたものなど数多くの商品が販売されています。

青汁の原料として多く使われているケールは栄養価が非常に高く、ビタミン、ミネラル、カルシウム、葉緑素、GABA、葉酸、たんぱく質、食物繊維を豊富に含んで、がんや生活習慣病の予防に効果があるとされています。

大麦若葉の青汁はケールと比べると飲みやすく、最近の青汁は大麦若葉を主原料とした商品が多く販売されています。食物繊維をはじめビタミン、ミネラルなど多くの種類の栄養素がバランスよく豊富に含まれています。

明日葉の青汁は商品は少ないですが、ケールや大麦若葉に匹敵する栄養素を含み、明日葉特有のカルコンと呼ばれるポリフェノールを含んだ商品もあります。

桑の葉は青汁の他にお茶としても飲用され、桑の葉に含まれるDNJと呼ばれる成分は血糖値を抑制する作用があり、糖尿病の予防や症状改善の効果が期待されています。

摂取方法

生活習慣病予防、免疫力の強化を目的とするなら継続して摂取する。

注意

ビタミンKを多く含むためワルファリンなどの抗凝固薬の効果を弱めることが考えられます。
カリウム、リン、ビタミンAを多く含むため人工透析を行う患者は注意が必要です。