ビオチン

おもな効能
  • ブドウ糖の再合成を助ける
  • 皮膚の健康維持
  • 髪の健康維持
説明

ビオチンはビタミンB群に分類される水溶性ビタミンのひとつです。腸内細菌によっても作られるので、通常の食生活において不足することはほとんどありません。

ビオチンはブドウ糖をリサイクルする糖新生や脂肪酸の合成、アミノ酸の代謝にかかわる酵素の補酵素として働きます。ブドウ糖からエネルギーを作り出すと乳酸が生成されます。乳酸は肝臓に運ばれて糖新生によってブドウ糖に再合成されますが、その家庭でビオチンが補酵素として働きます。したがって、ビオチンが不足すると筋肉痛や疲労感などの症状がでてきます。

ビオチンはタンパク質の生成にかかわり、皮膚を作る細胞の活性、コラーゲンやセラミドの合成の促進し皮膚の機能を正常に保つ働きがあります。乳幼児はビオチンの産生、吸収力が低いので、ビオチンの不足によってタンパク質の合成や免疫機能が低下して皮膚形成が損なわれてアトピー性皮膚炎が発症するのではないかとも言われています。

また、アレルギー物質が体内に侵入すると、普段は特定の細胞内に蓄えられているヒスタミンが細胞外に放出されます。ヒスタミンはアレルギー疾患の原因となって皮膚の炎症などを引き起こします。ビオチンはヒスタミンのもととなるヒスチジンを体外に排出する働きがあります。

ビオチンが不足すると、インスリン分泌能が低下します。ビオチンの投与によってインスリン抵抗性が低下することや血糖値、粘膜部位の炎症、皮膚疾患が改善することが知られています。

ビオチンはDNAの核酸の生成の補酵素としても働き、細胞の合成を促進します。ビオチンが不足してアミノ酸代謝に滞りがあると、毛髪にも影響がでて、脱毛や白髪などの症状がでてきます。

通常の食生活においてビオチンの不足はまずありませんが、生卵白に含まれるアビジンはビオチンと強く結合しやすく、ビオチンの吸収を妨げます。そのため生卵白を大量に摂取し続けるとビオチン不足になることがあります。また、ビオチンは腸内細菌のよって作られているので、抗生物質の服用によって腸内細菌の環境に変化が生じると不足することがあります。

水溶性ビタミン食事摂取基準(厚生労働省2010年版)