カルシウム

説明

カルシウムは体内に最も多く存在するミネラルで、体重の1~2%を占め、その99%は歯と骨に存在しています。残りのカルシウムは筋肉や神経、血液中に存在し、筋肉の収縮、伸張、興奮性の抑制や神経筋興奮、血液凝固、生理活性物質の分泌、酵素反応、ホルモンや神経伝達物質の放出反応、ホルモンの細胞内情報伝達作用などの、重要な整理機能の調整をする働きを担っています。

血液中のカルシウム濃度はビタミンDやカルシウム調整ホルモンによって一定に保たれていますが、血中濃度が低下すると、「骨吸収」と呼ばれる現象によって骨からの溶出量が増加します。

骨は古くなった骨を壊す「骨吸収」と新しく骨を作る「骨形成」の代謝を常に繰り返しています。カルシウムはこの骨代謝に重要な役割を果たしています。

20歳くらいまでの成長期は骨形成が骨吸収を上回ってるので骨量は増加します。成人では骨形成と骨吸収がほぼ同じ状態に安定しますが、加齢とともに次第に骨量が減少していきます。特に閉経後の女性では女性ホルモンの分泌が低下して、骨量が急激に減少して骨粗しょう症を引き起こすこともあります。

日本人は普段からカルシウムの摂取が推奨量を満たしていないと言われていますが、腸からの吸収不良によってもカルシウム不足は起こります。ビタミンDはカルシウムの吸収に必要なため、ビタミンDの不足がカルシウムの不足を引き起こすことがあります。

カルシウムは通常の食事で過剰摂取になることはまれですが、サプリメントなどの使用による過剰摂取で泌尿器系の結石やミルクアルカリ諸侯群を引き起こすことがあります。また、カルシウムの過剰摂取は鉄、亜鉛、マグネシウム、リン酸などの吸収を妨げることがあります。

多量ミネラル食事摂取基準(厚生労働省2010年版)