シトルリン

おもな効能
  • 血管の拡張作用
  • 疲労回復
  • 冷え症の改善
説明

シトルリンはアミノ酸のひとつで、通常はたんぱく質を構成しない遊離アミノ酸として存在しています。生体内でたんぱく質やアミノ酸は分解されてアンモニアが生成されます。アンモニアは生体にとって有害なので肝臓で尿素回路またはオルニチン回路と呼ばれる回路によって尿素に変換されます。

シトルリンは尿素回路においてアルギニン生合成の中間体として重要な役目をしています。尿素回路の代謝産物として一酸化窒素(NO:エヌオー)が生成されますが、一酸化窒素は血管をしなやかに拡張する作用があり血管年齢を若返らせるといわれています。シトルリンは一酸化窒素の生成を促し、血管を拡張する働きによって血流量の増加、疲労回復、冷え症やむくみの改善、男性機能の改善などにも効果があるとされています。

シトルリンは血小板の凝集を抑制するので血液をサラサラにし、免疫系や神経系にも作用すると言われています。また、血管壁にコレステロールが沈着するのを抑制して動脈硬化の予防に働くとされ、シトルリンは血管の健康維持に果たす役割が注目されています。

シトルリンは新陳代謝を活性化して細胞の老化を抑制し、紫外線による皮膚のコラーゲンの分解を抑制する働きもあると報告されているので美肌への効果も期待されています。

シトルリンの摂取は乳酸やアンモニアの除去作用が運動後の筋肉痛抑制、疲労回復に効果があり、持久力やパフォーマンスの向上に関係するとされて海外のアスリートの中では一般的になっています。

摂取方法

継続摂取で代謝が向上して効果が期待できます。

副作用

副作用はほとんどないとされ、重篤な副作用の報告はありません。