エラスチン

おもな効能
  • 皮膚の弾力、ハリ、ツヤを保つ
  • 血管の収縮性を保ち血管疾患の予防効果
説明

エラスチンは弾性繊維とも呼ばれ、じん帯、血管、肺、皮膚などの弾力に富んだ組織に多く存在するたんぱく質の一種です。コラーゲンの繊維を支える役目をする繊維で、項じん帯と呼ばれる首の後ろにあるじん帯には約78~80%、動脈では約50%、肺で20%、真皮で約2~5%を占めています。

エラスチンは加齢とともに減少して皮膚のシワや血管の老化などの原因となります。

皮膚の真皮層においてエラスチンの線維は網目状のコラーゲン線維を束ねて支える働きをしています。紫外線や活性酸素はコラーゲンやエラスチンを変性させて、コラーゲンとエラスチンのつながりを破壊して皮膚の弾力やハリを失わせます。

コラーゲンの線維は強くて丈夫で、組織の構造を支えていますが、エラスチンの線維はコラーゲンの線維同士を結びつけ、エラスチンの収縮性によって組織の柔軟性が保たれています。エラスチンが不足した組織は柔軟性が失われて萎縮してしまいます。

摂取方法

美肌にはエラスチンの他にコラーゲン、ヒアルロン酸といっしょに継続して摂取することで効果が期待できます。

副作用

特に問題となる副作用はないと考えられます。