説明

鉄は赤血球のヘモグロビンと結合して酸素の運搬に重要な役割を果たしています。また、酵素の構成成分となっています。不足すると貧血から運動機能や免疫機能の低下を招くことがあります。女性は月経による出血や妊娠、出産、授乳などによって鉄不足が多くみられます。また急激な成長を伴う幼児でも鉄の欠乏が見られることがあります。

鉄は体内に成人男性で約4.0g、女性で約2.5g存在しています。体内の鉄の約70%は「機能鉄」と呼ばれ、その大部分はヘモグロビンとして赤血球の中に存在し酸素運搬機能にかかわり、残りは酵素機能にかかわっています。その他の約30%の鉄は「貯蔵鉄」と呼ばれ肝臓、脾臓、骨髄、筋肉などに貯えられ機能鉄が不足した時に利用されます。

鉄の不足によって起こる代表的な症状としては貧血があります。その他の症状としては運動機能、認知機能、体温保持機能、免疫機能などの低下がみられることがあります。貧血はヘモグロビンの減少によって起こりますが、貯蔵鉄の減少が進み鉄欠乏が重度にならないと症状があらわれません。

通常の食事によって鉄の過剰症を起こすことはほとんどありませんが、サプリメントや治療用の鉄剤などを過剰に摂取すると、便秘や胃腸障害、鉄沈着、亜鉛の吸収阻害などが起こることがあります。

鉄の過剰摂取は人にとって有害です。鉄は細胞中ではトランスフェリンによって束縛されていますが、トランスフェリンの量を超えて鉄が存在すると、自由な鉄原子は過酸化物と反応して活性酸素を生成してDNAやたんぱく質、脂質を破壊します。活性酸素はさまざまな臓器を攻撃します。肝臓ならば肝炎、肝硬変、肝がんを引き起こし、すい臓では糖尿病、すい臓がん、心臓では心不全の原因となります。

微量ミネラル食事摂取基準(厚生労働省2010年版)