葉酸

おもな効能
  • 赤血球が正常に作られるのを助ける
  • 妊娠中の胎児の正常な成長
  • 粘膜の健康維持
  • 動脈硬化の予防
  • がんの予防
説明

葉酸はビタミンB群のひとつに分類される水溶性ビタミンで、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれています。ほうれん草の葉から発見され、レバー、緑黄色野菜、果物などに多く含まれています。

葉酸はDNAの核酸を合成する補酵素として働くので、たんぱく質や細胞を作る時に欠かせないビタミンです。胃腸の粘膜の機能維持や赤血球の産生にかかわり、不足すると動脈硬化のリスクも高めるといわれています。

葉酸が不足すると、悪性貧血の巨赤芽球性貧血や神経障害、腸機能障害などが起こります。葉酸はビタミンB12と共に赤血球の産生にかかわっているので、どちらのビタミンが不足しても巨赤芽球性貧血を引き起こします。巨赤芽球性貧血の場合は葉酸、ビタミンB12の他に鉄の補給も必要です。

また、妊娠初期の女性は胎児の正常な成長のために葉酸の必要量が多くなり、不足すると胎児の成長に悪影響を及ぼすことがあるので、「葉酸は妊婦のビタミン」とも呼ばれています。

また、抗がん剤、免疫抑制剤、抗けいれん剤、非経口栄養剤などの投与時や血液透析、アルコール中毒などで欠乏症が起こることがあります。

通常の食生活では摂取不足や過剰摂取になることはほとんどありませんが、薬やサプリメントなどで大量摂取した場合に神経障害、発熱、じんましんなどの過剰症を起こすことがあります。

水溶性ビタミン食事摂取基準(厚生労働省2010年版)