ヨウ素

説明

甲状腺ホルモンは全身の細胞の代謝を向上させる働きがありますが、ヨウ素は甲状腺ホルモンの合成に欠かせないミネラルです。生体内に吸収されたヨウ素は甲状腺に集まり、蓄積されます。海藻や魚介などに多く含まれ、日本では食品から自然に摂取できるので、不足することはほとんどありません。海から遠く離れた大陸中央部では不足することがあるので、アメリカ、スイス、カナダ、中国などでは食塩にヨウ素の添加が義務付けられています。

食品から吸収されたヨウ素は、ほとんどが甲状腺に取り込まれ、甲状腺ホルモンの構成成分として使用されます。甲状腺ホルモンはたんぱく質の合成、酵素反応に関与するホルモンです。細胞の活動、神経細胞の発達、末梢組織の成長、エネルギー代謝などにも欠かせないホルモンです。

慢性的なヨウ素不足は甲状腺刺激ホルモンの分泌を増加させ、甲状腺の異常肥大や過形成を招き甲状腺腫となります。

ヨウ素は摂取量が多くなっても健康な人ならば、排泄されて過剰となることはほとんどありません。大量摂取による過剰症では甲状腺機能低下症、甲状腺腫、甲状腺中毒症などが起こることがあります。

微量ミネラル食事摂取基準(厚生労働省2010年版)