オルニチン

おもな効能
  • 肝臓の機能を高める
  • 疲労回復
  • 成長ホルモンの分泌を促進する
説明

オルニチンは肝臓に良い成分として知られ、シジミに多く含まれています。体内のアミノ酸の多くが結合してたんぱく質の中に存在しますが、オルニチンは「遊離アミノ酸」として、肝臓においてアンモニアを代謝する「オルニチンサイクル(尿素回路)」で働き、アンモニアの解毒を促進する役目をしています。

アンモニアは神経毒性があり、生体にとって有害なので、肝臓におけるオルニチンサイクルで無害な尿素、グルタミン酸、グルタミンに分解され血液中を運ばれます。

肝臓ではオルニチンサイクルの他に、生命活動に必要なエネルギー(ATP)を産生する「TCAサイクル」、脳の働きに必要なエネルギーであるグルコースを合成する経路である「糖新生」などの主要な代謝経路があります。

アンモニアはTCAサイクルや糖新生の代謝を阻害するので、アンモニアを解毒するオルニチンサイクルはこれらの代謝を円滑にして、エネルギー産生を助ける働きがあります。オルニチンが増加するとオルニチンサイクルは活発になり、肝臓本来の機能を保つことによって全身の疲労回復を促進します。

オルニチンは成長ホルモンの分泌を促進させる働きがあり、基礎代謝を高め、細胞分裂の活性化、筋肉の増強などに効果があります。

基礎代謝が高まると脂肪燃焼効率も高まり、ダイエットにも効果があります。オルニチンはダイエットサプリメントなどでは同じアミノ酸のアルギニン、リジンなどとともに配合されることもあります。

摂取方法

オルニチンの1日の摂取量の目安は400mg~1000mgといわれています。
日常の疲労回復や飲酒後は寝る前に、運動後の筋肉の疲労回復には運動後に摂取するのが効果的。

副作用

オルニチンは過剰摂取によって胃腸の調子が悪くなることが考えられます。1日の摂取量を守れば問題はありません。