シソの実油
(エゴマ油)

おもな効能
  • アレルギー症状の緩和
  • 動脈硬化、生活習慣病の予防
説明

かつてはシソとエゴマは別種とされてきましたが、現在では同種の植物であることが確定しています。その種子から採取された脂質成分を日本ではシソの実油、シソ油と呼び、韓国ではエゴマ油と呼ばれることが多いのですが、これらは同じ物なのです。

シソの実油の特徴は他の植物油と比較して、リノール酸の含有量が少なくα-リノレン酸を多く含むことにあります。必須脂肪酸でもあるリノール酸などの植物油は動脈硬化を予防するとされていましたが、リノール酸の摂取量を多くするとがんやアレルギー症が増加し、動脈硬化の原因ともなることが判ってきました。

シソの実油は魚油のDHA、EPAとともにオメガ3系脂肪酸(n-3)に分類される脂肪酸には動脈硬化の予防やアレルギー症状の緩和などの効果があるとされています。リノール酸などのオメガ6系脂肪酸(n-6)は体内で代謝されアラキドン酸を経て生理活性物質に変化します。オメガ6系脂肪酸から生成される活性物質は活性力が強いため、大量に生成されると免疫や炎症、凝血作用などが過剰に反応するとされています。

シソの実油に多く含まれるα-リノレン酸などのオメガ3系脂肪酸から生理活性物質が作り出されますが、オメガ6系脂肪酸から作り出された活性物質と比べると、より活性力の低い物質が生成されます。これらの活性物質は生成の過程がオメガ6系脂肪酸と同じ経路を経て作られるので、オメガ3系脂肪酸の活性物質が作られた分、オメガ6系脂肪酸の活性物質が減ることになります。

α-リノレン酸の摂取を増やし、リノール酸の摂取を減らすことで、アレルギー反応を抑制することが考えられます。

シソの実油に含まれるα-リノレン酸の血中コレステロール値を低下させる作用は、動脈硬化や生活習慣病の予防に効果があると考えられます。

摂取方法

サプリメントでは継続して摂取することで効果が期待できますが、食用油として摂取する場合はシソの実油は熱に弱く酸化しやすいので、ドレッシングなどで摂取すると効率がよい。

副作用

適切に摂取すれば特に問題はないとされています。