リン

説明

リンは体内ではカルシウムについで多く存在するミネラルです。成人体重の約1%を占め、その内の80%はマグネシウムやカルシウムと結合してリン酸マグネシウムやリン酸カルシウムとして骨や歯の組織を形成しています。残りは細胞内などに有機リン酸化合物として存在しています。

リンはエネルギー代謝や脂質代謝に重要な役割を果たしています。生体内のエネルギーの保存、利用に重要なATPに欠かすことのできない成分なのです。

リンは不足すると骨軟化症やくる病の原因にもなりますが、あらゆる食品に含まれているために通常の食事をしていれば不足することはありません。むしろ、リンは食品添加物として加工食品に多く使われているので、過剰摂取が問題となります。

リンはカルシウムと密接に関係して働き、体内での貯蔵量のバランスを取っています。血液中のリンが増えると、バランスを取るために骨の中のカルシウムが血液中に溶け出して、骨が脆くなってしまいます。現在の食生活ではカルシウムとリンの摂取比率が1:3になっていますが理想は1:2といわれています。

多量ミネラル食事摂取基準(厚生労働省2010年版)