セサミン

おもな効能
  • 抗酸化作用
  • コレステロール値の低下作用
  • アルコールの分解促進
  • 免疫機能の向上
  • 更年期障害の症状改善
説明

セサミンはゴマに含まれる微量成分で強力な抗酸化物質であるゴマリグナンの一種です。胡麻に1%程度しか含まれないゴマリグナンには「セサミン」「セサモリン」「セサミノール」「セサモール」があり、最も多く存在しているのがセサミンです。

肝臓は人の体内で最大の臓器でありさまざまな働きをしています。したがって酸素の消費量も多く、細胞などを傷つけ老化の原因となる活性酸素も大量に発生しています。

ビタミンEは血中の活性酸素を消去する坑酸化作用があり胡麻に豊富に含まれていますが、肝臓にまで届くことはほとんどないといわれています。

しかしセサミンには肝臓までそのまま届くという特徴があります。セサミンの高い抗酸化作用は肝機能を改善し、コレステロール値の低下、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす作用があります。

また、セサミンの肝機能改善効果はアルコールの分解解毒作用の促進や二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解をも促進させることが認められています。

セサミンの抗酸化作用はがん細胞の増殖抑制や免疫力を強化するといわれ、紫外線によって発生する活性酸素が引き起こす肌老化の原因をも取り除くのでエイジングケアにも有効といえます。

日本では更年期障害の改善に大豆イソフラボンが有効であることが知られていますが、北欧では亜麻子や穀類に含まれるリグナンが知られています。ゴマリグナンのひとつであるセサミンには更年期障害の症状改善の効果も期待することができるのです。

セサミンは水溶性であるためごま油にはほとんど含まれていません。また、胡麻をそのまま摂取しても硬い殻を消化することができないのですりつぶした胡麻でなければセサミンは摂取できません。

摂取方法

ビタミンEと併用すると相乗効果が期待できます。

副作用

特に副作用は確認されていませんが、過剰摂取や胡麻にアレルギーがある場合は注意が必要です。