トコトリエノール

おもな効能
  • 強力な抗酸化作用
  • コレステロール値の低下作用
  • 生活習慣病予防
  • 肌老化の予防
説明

トコトリエノールはビタミンEのひとつです。ビタミンEはトコフェロールとトコトリエノールの2種類の異性体が存在し、さらにそれぞれにα(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)、δ(デルタ)の4つの種類に分けられるので、ビタミンEの仲間は8種類存在することになります。

小腸で吸収されたビタミンEはα-トコフェノールが選択的に体内に運ばれるためにビタミンEの研究はトコフェロールを中心に行われてきましたが、最近の研究ではトコトリエノールがより強い作用を示すことやトコフェロールにない特有の作用があることがわかってきました。

トコトリエノールにはトコフェロールをしのぐ強い抗酸化作用をはじめ、独自の優れた作用としてコレステロールの低下作用やがん細胞のアポトーシス(細胞死)の誘導などの効果があるといわれています。

肌の老化は加齢のほか紫外線などによって発生する活性酸素が皮膚組織のコラーゲンやエラスチンを破壊することで起こります。トコトリエノールは抗効酸化作用による活性酸素を除去する力が強いだけでなく肌への浸透力がトコフェロールの15倍あるので、より肌の老化防止に有効であるといわれています。

過剰に増えたLDLコレステロールは血管壁に取り込まれ酸化LDLコレステロールに変性します。体内に生じた変性物質や細菌などの異物を捕食する白血球の一種であるマクロファージは酸化LDLを取り込みますが、過剰な酸化LDLコレステロールを取り込み続けると粥状のプラークとなって血管壁を隆起させ動脈硬化の原因となります。

トコトリエノールはコレステロールが過剰に生成されるのを抑制するだけでなく抗酸化作用によってコレステロールの酸化を予防する働きがあります。また、血小板凝集を抑制する働きもあり心臓疾患や脳疾患の予防効果があります。

トコトリエノールはその強力な抗酸化力で活性酸素による老化や生活習慣病、がんなどの予防効果があることから「スーパービタミンE」とも呼ばれています。

摂取方法

継続摂取によって効果が期待できる。

副作用

特に問題となる副作用は報告されていません。

注意

脂溶性のビタミンなので植物ステロールやキトサンなどの脂質の吸収を阻害する成分を併用する場合は同時に摂取しないようにする。

高脂血症の医薬品や血液の抗凝固剤などを服用している場合は医師と相談すること。