ビタミンA

おもな効能
  • 皮膚や粘膜を正常に発育させる
  • 免疫機能の向上
  • 網膜の機能維持
説明

ビタミンAはレチノール、レチナール、レチノイン酸やその誘導体の総称で科学的にレチノイドと呼ばれることもある脂溶性のビタミンです。人の血液中のビタミンAはほとんどがレチノールなので、通常はレチノールをビタミンAと呼んでいます。

ビタミンAは動物のみに見られ、植物ではβ-カロテンとして存在しています。β-カロテンは動物の体内ではビタミンAに変換されて利用されます。動物の体内でビタミンAに変換される前駆体をプロビタミンAと呼びます。

目の網膜の中でも夜間視力に重要な光受容器細胞に存在するロドプシンという色素の構成にビタミンAが不可欠であり、不足するとロドプシンが機能しなくなり夜盲症を発症します。

ビタミンAは皮膚や粘膜の上皮細胞の代謝を活発にして正常に発育させ、病原菌などの侵入を防いでいます。また、腸管にある免疫システムの免疫細胞の働きを活発にするので免疫力の向上、抗がん作用もあります。

ビタミンAが不足すると暗いところが見えにくくなる夜盲症の発症ばかりでなく、肌が荒れる、かさつく、のどの粘膜が荒れて風邪をひきやすくなるなどの症状があらわれます。

ビタミンAは脂溶性のため過剰に摂取すると体内に蓄積され健康障害を引き起こします。吐き気、頭痛、めまい、眼のかすみや肝臓の障害などを起こす可能性があります。妊婦が過剰摂取すると胎児に奇形を起こす可能性が高くなると報告されています。

ビタミンAが不足すると体内に蓄えられたβ-カロテンは必要なだけビタミンAに変換されて利用されます。β-カロテンには過剰摂取による健康障害はないとされています。

脂溶性ビタミン食事摂取基準(厚生労働省2010年版)