ビタミンB12

説明

ビタミンB12はヒドロキソコバラミン、アデノシルコバラミン、メチルコバラミン、シアノコバラミン、スルフィトコバラミンなどのコバルトを含むビタミンの総称で、水溶性ビタミンですが水にやや溶けにくい性質を持っています。

体内ではアミノ酸や脂質の代謝の補酵素としてメチルコバラミンとアデノシルコバラミンが働いています。赤血球のヘモグロビンの合成を助け、神経細胞内の核酸などの合成や修復にもかかわっています。

ビタミンB12は微生物によって作られるので動物性食品に多く含まれ、植物性食品にはほとんど含まれていません。ビタミンB12の必要量は極めて少ないのですが、脳と神経に深刻な障害をもたらすこともあります。わずかに不足するだけでも疲労、抑うつ、物忘れのような症状が現れることがありますが、ビタミンB12の不足とは気がつきにくいのです。

体内に備蓄されたビタミンB12もあるので、毎日ビタミンB12を摂取しなくても、すぐに欠乏症になることはありません。胃切除者などではビタミンB12の吸収に必要な糖タンパク質の分泌が十分でなく欠乏症になることがあります。また、ビタミンB12は植物性の食品にはほとんど含まれていないので、厳格な菜食主義の人は注意が必要です。

ビタミンB12は葉酸と共に赤血球中のヘモグロビンの生成を助けます。不足すると赤血球が減少したり、正常な赤血球が作られずに巨赤芽球性貧血などの悪性の貧血を起こすこともあります。

通常の食生活では不足することのないビタミンです。過剰に摂取しても必要以上に吸収されないので、過剰摂取になることはまずありません。

水溶性ビタミン食事摂取基準(厚生労働省2010年版)