ビタミンB6

おもな効能
  • タンパク質の代謝
  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • 赤血球の生産を促進する
  • 神経伝達物質の生産
説明

ビタミンB6にはピリドキシン、ピリドキサール、ピリドキサミンがあり水溶性のビタミンです。タンパク質の代謝に係わり、赤血球や神経伝達物質の産生に欠かせません。また、皮膚や粘膜の健康維持に必要なビタミンです。

ビタミンB6が不足すると湿疹や発疹ができて脂漏性皮膚炎や口内炎、口唇炎、貧血、神経炎、食欲不振、免疫力の低下などが起こります。

ビタミンB6は腸内細菌によっても作り出されるので、通常は不足することはありませんが、抗生物質やピルを長期服用している人は不足しないように注意が必要です。

ビタミンB6はタンパク質の代謝に必要な栄養素なのでタンパク質を多く摂る人は、ビタミンB6も多めに摂取する必要があります。ビタミンB6は食品に広く含まれていますが、牛肉、豚肉、鶏肉、赤身の魚に特に多く含まれています。果物ではバナナに比較的多く含まれています。

水溶性ビタミン食事摂取基準(厚生労働省2010年版)