ビタミンE

おもな効能
  • 抗酸化作用
  • 動脈硬化、生活習慣病の予防
説明

ビタミンEは脂溶性のビタミンで、トコフェロールとトコトリエノールの2種類に分けられ、さらにそれぞれα、β、γ、δ(アルファ、ベータ、ガンマ、デルタ)の4種類が存在するので、全部で8種類の異なる型があります。

食事などから摂取するビタミンEはほとんどがα-トコフェロールとγ-トコフェロールで、トコトリエノールはほとんど含まれていないので、重要視されていませんでしたが血液中のコレステロールを減らすなど、トコトリエノールの型によってそれぞれ異なる作用があるようです。

生体内で発生する活性酸素は細胞膜やDNAを酸化して傷つけ、老化やがん、生活習慣病の原因となります。

ビタミンEには活性酸素を消去する抗酸化作用があり、脂溶性のため細胞膜や血中のコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化や生活習慣病の予防効果があります。

ビタミンEの他に抗酸化作用のあるビタミンとしてビタミンCとAがあります。ビタミンCは水溶性のビタミンなので血中で抗酸化作用を発揮し、ビタミンEとAは細胞膜などで抗酸化作用の働きをしています。

また、ビタミンCには抗酸化作用によって活性酸素を消去する力がなくなったビタミンEを再び活性化させる働きがあるので、ビタミンEはビタミンCといっしょに存在した方が効率的に働くことが出来ます。

ビタミンEは不足すると溶血性貧血などを起こすことがありますが、現代の生活の中で不足することはほとんどありません。

ビタミンEは脂溶性ビタミンなので過剰摂取によって体内に蓄積されることがあります。通常の生活では過剰摂取の心配はありませんが、サプリメントなどでの過剰摂取には注意が必要です。


ビタミンEのサプリメントはα-トコフェロールが主成分で、生体内で存在するトコフェロールの90%を占めています。

ビタミンEサプリメントには「天然」あるいは「天然型」、「合成型」がありそれぞれ「d-α-トコフェロール」、「酢酸d-α-トコフェロール」、「dl-αトコフェロール」と表示されています。

植物油などから抽出したビタミンEが天然で、エステル誘導体に変えて安定化したものを天然型といいます。
つまり、頭に「d」が付くのが「天然」、「酢酸」が付くのが「天然型」、「dl」が付くのは「合成型」となります。

天然のビタミンEは合成のビタミンEより約50%活性力が高く、天然型も合成型より約35%高いと言われています。

合成型のビタミンEには天然のビタミンEである「d体」の他に、光学異性体と言われる活性力のない「l体」のビタミンEが含まれているため、総量としては活性力が低くなってしまいます。しかし、ビタミンEとしての効果は天然も合成型も同じです。

脂溶性ビタミン食事摂取基準(厚生労働省2010年版)